月別アーカイブ: 2011年6月

ミディフルーツトマト、大きくなってきています

6月25日に、実がなっているのを初めて確認したミディフルーツトマトですが、ガンガン大きくなってきてます。苗は10本あるんですが、すべてに実が付いています。トマトは脇芽や葉などを摘み取るだけでトマトの何とも言えないあのトマトの香りが強烈に漂うのが好きですね。

カテゴリー: 植物 | コメントする

カンナの花が満開

種子島では、現在、カンナの花が満開です。オレンジや赤、黄色の花色のものが咲いてます。

カテゴリー: 植物 | コメントする

種子島、梅雨明け!

今朝のニュースで九州南部が梅雨明けした模様との報道がありました。

数日前から湿度が下がって快晴になっていたので、梅雨が明けたな、と感じていましたが、やっと正式に梅雨明けという感じです。

梅雨が明けると、いよいよ私が一番好きな本格的な夏の到来!これからが楽しみです。

カテゴリー: 日記 | コメントする

モントブレチアの花が満開

今、種子島ではモントブレチア(ヒメヒオウギスイセン)の花が土手などで綺麗な花を咲かせています。モントブレチアは園芸種では花色が赤色や黄色のものもありますが、やっぱり、この種子島に咲いている、写真の色が一番綺麗です。

種子島に自生している植物かとおもいきや、明治時代ごろに帰化したアヤメ科の球根植物。繁殖力が強いため、種子島でも土手や道端などいたるところで、咲いています。

今、種子島では、オニユリとモントブレチアの両方が満開の状態です。

カテゴリー: 植物 | コメントする

ミディフルーツトマトに実が!

カテゴリー: 植物 | コメントする

ラムズイヤーの葉はふかふか

育てているラムズイヤーの葉は、名前のとおり、子羊の耳のようにふかふかの銀葉。

カテゴリー: 植物 | コメントする

山芋に葉っぱが。

種イモから育てていた、山芋のつるに、葉がでてきました。

これから、どんな風に育っていくかが楽しみ~。花が咲くんだっけ??花が咲いたら写真を撮りたいですね。

カテゴリー: 植物 | コメントする

食用ヒマワリが咲いた!

今朝、畑に行ってみると、食用ヒマワリの花が咲いているではないか!こんなに早く咲くとは思っていなかったので感激。ヒマワリはやっぱり存在感があっていいなぁ~。

花の香りを嗅いでみると、小学校の時の花壇の風景を思い出すような、なつかしいヒマワリの香りがしました。

なんのヒマワリのタネでも食べられるんだけど、これは食用と謳っているだけに、タネができて食べてみるのが楽しみ。

カテゴリー: 植物 | コメントする

コンフリー ロシアンが発芽!

6月4日に播種していたコンフリー ロシアンがやっと発芽。

発芽までに16日かかったから、発芽しないな~と心配していただけに、この発芽は特にうれしかったです。

カテゴリー: 植物 | コメントする

ヤクタネゴヨウを見に行きました

家族とドライブを兼ねて、中種子町にあるヤクタネゴヨウの巨木を見に行きました。

場所の近くまで着いたんだけど、そこは民家で、その民家の隅にヤクタネゴヨウと看板が書いてあり、その横に狭い道が。この道がそうなのかな???と不安ながらもクルマでゆっくり進んでいくけど、いけどもいけども姿は見えず。道を間違えたかなと思ったその時、道が行き止まりになり、ちょっと開けた場所にたどり着いて横を見たら、ありましたありました。デーンとそびえ立つそのヤクタネゴヨウの姿はまさに圧巻。デカい!

看板にも書いてあるように、根本の大きさと木口の大きさがほとんど同じ大きさであることと、大きな枝が横に複数に大きく枝分かれしているため、なんともいいようのない独特の存在感があります。スゲぇー!の一言ですね。本当に感動しました。

ヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)は、マツ科マツ属の常緑高木で、種子島と屋久島にのみ自生する五葉松です。現在、確認されているところでは、種子島に100本、屋久島に1000本程度しか自生していないようで、絶滅危惧種に指定されている大変貴重な松です。

西之表市にも複数、自生しているみたいなので、近々、見に行きたいと思います。

ちなみに、通常は「ヤクタネゴヨウ」と呼びますが、種子島では「タネヤクゴヨウ」と呼びます 笑

カテゴリー: 植物 | コメントする