月別アーカイブ: 2011年9月

ここ2、3日で定植した植物たち


↑5月15日に種まきしたエキナセア パープレア アルバ。種子島の高温多湿には苦戦していましたが何とか、今の状態までにはなっています。


↑7月12日に種まきしたゴーツルー。結構、元気よく成長してます。


↑7月9日に種まきしたカールドン。アーティチョークの近縁種。アーティチョークもだけど、過度に水やりをし過ぎると状態が悪くなるようだ。乾燥ぎみに育てたほうがうまく行きそう。


↑6月20日に種まきしたマルバ モシャタ アルバ。元気に育っています。


↑7月9日に種まきしたフローレンス フェンネル ナポリ。ちょっと、徒長してます。

カテゴリー: 植物 | コメントする

トキワカンゾウの花が咲いてます

今、種子島では、いたる所でトキワカンゾウ(アキノワスレグサ)の花が咲いています。この花が咲くと、夏の終わりと秋の訪れを感じますよね。


トキワカンゾウ(アキノワスレグサ)、ユリ科、 ワスレグサ属

 

カテゴリー: 植物 | コメントする

ヘリオトロープとヒソップの花が咲いた

5月4日に種まきしたヘリオトロープと5月6日に種まきしたヒソップの花が咲きました。


↑ヘリオトロープ


↑ヒソップ

カテゴリー: 植物 | コメントする

朝、晩は涼しくなりました

9月に入ってから種子島も朝、晩は秋らしく涼しくなってきました。下の写真は畑近くの道から見える馬毛島と硫黄島。硫黄島からは煙が出ているのも見えて、とても視界の良い夕日がキレイな日でした。

視界といえば、前にある人から聞いた話では、本当に視界の良い日には、種子島から隣の屋久島の洗濯物を干しているのが見えることがあるそうな。その話を聞いたときには、いくらなんでもそんな馬鹿なっ、ウソやっ と言ったぐらい、種子島と屋久島は結構、離れているのであり得ないと思っていたんですが、先日、休日にドライブしていたときに、視界がウソのようにメッチャ良い日で、隣の馬毛島で、ブルドーザーで開発している際の砂煙が上がっているのが何回も見えて、あの屋久島の洗濯物の話も以外と無きにしもあらずだなと家族で笑って話していたことを思い出します。

年に何回かは屋久島の洗濯物が見えることが本当にあるのかも。いやマジで。 笑

 

カテゴリー: 植物 | コメントする

スイカ 金美人 初めての収穫

スイカ 金美人を適期に収穫すべく、なるべく毎日、一番最初に着果したスイカのヒゲの状態を見ていましたが、今日見てみるとヒゲの三分の二が茶色く枯れている状態。ヒゲが根元まで茶色く枯れたころが収穫時期だと書かれていたりしますが、品種によって違いがあるようだったので、今回はテスト的に三分の二の枯れ具合で収穫してみることに。

指で叩いてみると、実が詰まっているようないい感じのちょっと鈍いが音がするので、これはいけるんじゃないか!と期待してワクワクしながら家に持ち帰りました。

夕方、家族で七輪をするので、七輪の後に食べようと、冷蔵庫の野菜室に入れて待つこと3時間。

夜の七輪での夕食も終わり、いよいよ冷やしていた金美人を取りだして、包丁で切ってみると、おおーっ!なかなかいい感じの赤い果肉の状態ではないか。さっそく、家族で食べてみると、もうこれ以上、置いていたら過ぎてしまっていただろうという手前のギリギリの美味しい時期で、甘みのほうも、ものすごく甘いというわけではないものの、食べるには十分満足できる甘みで、後味もあっさりした、なかなか満足のいく出来でした。家族も沢山食べてくれて、満足しているようでした。

このスイカ 金美人は完全無農薬で育てました。肥料は、追肥のみで鶏糞を2週間おきに2回施したのみです。


↑三分の二ぐらいヒゲが枯れた状態


↑長さ約29センチ


↑包丁を入れるとパキッパキッとひび割れるスイカでした

カテゴリー: 植物 | コメントする
123