日別アーカイブ: 2011年10月6日

スティーブ・ジョブズ氏、死去

私が敬愛するアップルコンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が本日、死去したと報道がありました。

パソコンで音楽の曲作りをしたかったので1995年に初めてPower Macintosh 6200を購入してからMac好きになり、28.8kbpsのモデムでピーヒョロ~ヒョロ~・ガーと言う音でインターネットに繋いでネットにハマり、そして1997年にPower Macintosh 8500を購入、そして1998年に初代iMacを購入、その後もiMacなどを購入し、現在、MacBook Airを愛用しているほど、私の人生にスティーブ・ジョブズ氏は多大な影響を与えくれました。

特に、1998年にiMacが世に登場してからの現在までのアップルコンピュータが出す製品は本当に素晴らしかった。特にiphoneが発表されたときのあの衝撃は忘れられません。パソコンと携帯電話の世界が大きく変わった瞬間でした。

私は、ジョブズ氏の生き方が好きで、氏が発した様々な言葉・格言を書き留めて毎日読んでいるんですが、特にスタンフォード大学での卒業式スピーチでの言葉が特に私の心に刻み込まれています。

「自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です」

「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)。私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた」。

ジョブズ氏の死は、アメリカだけでなく全人類にとっての大きな損失です。氏が生み出す革新的な製品をもっともっと見たかった。体験したかった。本当に本当に残念でなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

カテゴリー: 日記, ネット・PC | コメントする