月別アーカイブ: 2011年10月

体がだるくて、やる気減退のときには

風邪を引いたせいで、ここ1週間ぐらい体がだるくて、やる気が減退中。やる気が減退しているこんなときは、熱い情熱とやる気が伝わってくる本を読んだり音楽を聴いたりすることで、元気を取り戻してやる気満々に復活するのが私のやり方なんですが、今回は芸術家の岡本太郎の「自分の中に毒を持て」という本をAmazonで買って昨日から読んでます。

芸術家の岡本太郎といえば、私の中では太陽の塔と、目をむき出して言う「芸術は爆発だ!」の言葉と、変わった芸術家だなぁ~という印象しかなかったのですが、

いや~、こんな熱い情熱を持って自分自身と真正面から向き合って強い信念で生きた人だとは知りませんでした。岡本太郎のイメージが一変。この方、ほんとスゲー。この本を読んでいると、沢山の元気と勇気をもらえます。まだ読んでる途中なんですが、心に残る言葉が沢山あるので、抜き出して、私の好きな言葉リストに入れたいと思います。

 

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

最近、発芽した植物たち


↑10月8日に種まきして10月12日に発芽したタンジー。草丈2~3mmほどの小さな小さな双葉です。


↑10月8日に種まきして10月11日に発芽したホリーホック ブラックナイト。


↑10月8日に種まきして10月12日に発芽したダンデライオン。

カテゴリー: 植物 | コメントする

「ほんとの野菜は緑が薄い」を読んで

前々から興味があった自然栽培の本「ほんとの野菜は緑が薄い」を読み終わりました。自然農法の第一人者、福岡正信さんの「わら一本の革命」は数年前に読んで、非常に感銘を受けたのですが、その自然農法と自然栽培は少し違うみたいでしたので、今回読んでみることにしました。

自然農法の方法は「不耕起」「無肥料」「無農薬」「無除草」ですが、

自然栽培の方法は「「無肥料」「無農薬」ですが、土を積極的に耕して除草もする点が、自然農法とは大きな違いということでした。

この本を読んで思ったことは、現代の肥料を使った栽培方法を人間に例えてみると、

人間が栄養価の高い食べ物(化学肥料または有機肥料)ばかりを毎日毎日、満腹状態で食べていると、ブクブクと体は肥満状態(大きく肥えた野菜)なり、肥満状態が続くと体を壊して病気になり(病原菌、虫による食害)、病気を治すために病院での薬(農薬)が必要になる。

こういうことなのかなと。なるほどな、面白いなと思いました。

つまり、人間も普通に質素な生き方(肥料のあまりいらない生き方)をしていれば、現代病などのような病気にはあまりならないわけであって、質素に生きているからといって長生きできなかったり、子供ができなかったりする訳ではないわけで、これは、野山などで自然に育っている果実や山菜などが、肥料も農薬もやっていないのに、ものすごく虫に食害されるわけでもなく、肥料をやっていないからといって美味しくないわけでもないことと同じなのかなと。

非常に考えさせられるとても勉強になる一冊でした。

ただ、少しだけ気になったのは、作者の河名さんは自然栽培の食べ物を中心に食べ、三十年くらい薬も飲んだことが無く元気だと本の中で書いていらっしゃるのですが、本の表紙に写っている顔があまり顔色がよく無いように見えるのは私だけでしょうか。(笑)

カテゴリー: 植物, 本・書評 | コメントする

スティーブ・ジョブズ氏、死去

私が敬愛するアップルコンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が本日、死去したと報道がありました。

パソコンで音楽の曲作りをしたかったので1995年に初めてPower Macintosh 6200を購入してからMac好きになり、28.8kbpsのモデムでピーヒョロ~ヒョロ~・ガーと言う音でインターネットに繋いでネットにハマり、そして1997年にPower Macintosh 8500を購入、そして1998年に初代iMacを購入、その後もiMacなどを購入し、現在、MacBook Airを愛用しているほど、私の人生にスティーブ・ジョブズ氏は多大な影響を与えくれました。

特に、1998年にiMacが世に登場してからの現在までのアップルコンピュータが出す製品は本当に素晴らしかった。特にiphoneが発表されたときのあの衝撃は忘れられません。パソコンと携帯電話の世界が大きく変わった瞬間でした。

私は、ジョブズ氏の生き方が好きで、氏が発した様々な言葉・格言を書き留めて毎日読んでいるんですが、特にスタンフォード大学での卒業式スピーチでの言葉が特に私の心に刻み込まれています。

「自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です」

「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)。私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた」。

ジョブズ氏の死は、アメリカだけでなく全人類にとっての大きな損失です。氏が生み出す革新的な製品をもっともっと見たかった。体験したかった。本当に本当に残念でなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

カテゴリー: 日記, ネット・PC | コメントする

アーティチョークの植え替え

5月6日に種まきして6月10日に現在の場所に定植したアーティチョーク グリーングローブが9月に入ってからグングン成長してきて、植え付けのときに株間をあまりとっていなかったので込み合ってきたので、株間を80~100cm開けるために植え替えをしました。

アーティチョークは、花が咲くようになってしまうと植え替えを嫌うみたいなので、今しか無いと思い、植え替えを決行。

掘り返してみると、長く太い根が2本伸びていて、あまり小さな根が無いのが以外でした。

植え替えしたものがうまく定着して元気に育ってくれればいいのですが。うまくいけば、1m以上の大きな株になるみたいなので楽しみ。


↑植え替え前。


↑太い根が2本。


↑植え替え後。株間約80cm。

カテゴリー: 植物 | コメントする
12