今年最後に良い本に出会った「柳井正の希望を持とう」

今年も今日で終わりですね。ホントに今年1年もアッという間に過ぎた1年でした。今年も本当にいろいろなことがありましたが、何とか年を越すことが出来て、ありがたいなと思っているとこです。

正月休みは本を沢山読もうと10冊ほどアマゾンで買っているんですが、その中で、最初に手にしたユニクロ社長 柳井正さん著の「柳井正の希望を持とう」が、今年最後の最後で、本当に良い本に出会ったなと言える本でした。

ビジネスを行っていくうえでの柳井さんのプライベートな行動や考えなどが、ちょこちょこっと書かれている部分が本当に勉強になりました。

ビジネスを行ううえで、この部分はこうやってすることが基本中の基本だと一般的に言われていることが、それに対して私自身は違う考え方を持っていたりするので、そういう部分で、私のように違う考え方をしているからダメなんじゃないかと思い悩むことが度々あるんですが、柳井さんも私と同じような考えだったりして、あー、こういう考えでもいいんだと共感できる部分が沢山あって、この本から沢山の元気をもらうことができました。おすすめの一冊です。

カテゴリー: 本・書評 パーマリンク