昨年植えた、おじぎ草も元気

2011年4月21日に種まきした「オジギソウ」も無事、冬を越して、今は葉っぱを茂らせていますので、ここ種子島では多年草としていけそうです。

ただ、昨年の年末まで大きく伸びていた枝の部分には今年は葉は全く付かず、株元付近に葉が付いて、そこからまた新たに枝が伸びていくような感じになっていますので、樹木のように枝や幹が年々大きくなっていき、その枝には葉が付くという私が理想としていた状態には現在のところなりそうにないのが残念。

今の状況だと、また一から枝を伸ばして葉を付けて、冬を越したら枝が枯れるという宿根草的な感じになりそうですね。原産地の南アフリカなどでは、本来どういう状態であるのか、ネットでいろいろ探してはみますが中々、良い情報が見つからないで、本来は草丈がどのくらいまでなるのかも謎の状態。

草丈2~3m以上にもなる「おじぎ草」を一度、見てみたい!そんな私の理想は叶うのか。もう少し、情報を集めてみたいと思います。

カテゴリー: 植物 パーマリンク