『本当に「英語を話したい」キミへ』を読了

プロサッカー選手でゴールキーパーの川島 永嗣選手の『本当に「英語を話したい」キミへ』を読了。

英語の効率的な勉強の仕方の本というよりは、川島選手がどうやって英語をしゃべることができるようになったのかが書かれている。努力ももちろん必要だが一番大事なことは”続けること”で、川島選手もオレと同じように、いろいろな英語の勉強方法を書籍やネットで見つけて試しては失敗しながらも、その中から自分に合う勉強法を見つけて、諦めずに”続けたこと”が今に繋がっているとのことだった。

川島選手は、オレがサッカー選手の中で一番好きな選手で、今の日本人にあまり無いあの熱さが好きだったので、とても興味を持ってワクワクしながら読んだのだけど、あんなスゴイ人でも本当に悩みながら試行錯誤を繰り返して、今の英語の実力に達していることを知って、本当に勇気を貰える本だった。

とは言っても川島選手は現在30歳で、日本語を含む英語やオランダ語やフランス語など7ヶ国語もしゃべれるようなので、やはり彼はバケモノだ。

kindle版(電子書籍)で読んだ。20130511-185951.jpg

カテゴリー: 日記, 本・書評 パーマリンク