日記」カテゴリーアーカイブ

圧倒的努力とがむしゃらに働く

1年アッという間ですね〜。今年最後の投稿になってしまいました。

私の今年の目標というより、毎年恒例の目標として、

1.圧倒的な努力をする

2.かっこ悪くてもいいから、がむしゃらに働く

ということを毎年の目標にしています。

1番目の言葉は出版社 幻冬舎 代表の見城徹さんの言葉。

2番目の言葉は建築家 安藤忠雄さんの言葉。

私が特に尊敬している経営者のお二人です。

今年も後悔は多々ありましたが、この2つの目標は今年もクリアできたと思います。

ただ、ここで、とくに毎年注意していることがあります。それは、

“努力の方向性を間違わないこと”

です。

いくら圧倒的な努力をしても、がむしゃらに働いても、努力の方向性を間違っていたら、ただの自己満足だけに終わってしまい、肝心の努力の成果があまり出ずに終わってしまうからです。

私も数年前までは、努力の成果がついてこないことのほうが多かった。

人よりもこんなに努力して働いているのに、何で報われないんだ。と世の中の不公平さのせいにしていました。

そんなとき、この言葉に出会って、ハッと気づかされました。

その言葉とは、

努力が報われるのは、
”正しい場所で”
“正しい方向で”
“十分な量なされた努力”

という言葉。

この言葉は、”いつやるの?今でしょ!”で有名な林修さんの言葉です。

結論から先に言えば、努力をする前にしっかりじっくりと自分自身と向い合って考え抜いてから努力を始めましょうと。

自分に全く向いていない、人よりも極端に能力的に劣っていることを、憧れているから、なりたいからと言って努力をしても限界があると。

自分としっかりと向き合って、自分に向いている、少しでも得意としていることは何かを考えて考え抜いて、そこに集中して努力をすることが大切だと。

でも、私がそうだったんですが、特に若い頃って、自分に無いものにすごく憧れてしまうんですよね。自分に無いことに劣等感を感じてしまい、自分に無いものに対して努力を重ねるんですが、努力の成果があまり出ない。

自分が苦手なことを努力して追いかけても、良くて人並み程度にしかなれないのが現実なんですよね。例外もあるかもしれませんが。

それだったら、自分の苦手なことは、それが得意な人に任せたほうがずっと良い。私がそういう考えにいたるまでに長い年月がかかってしまいました。

でも、自分の能力の無さを知り、割り切ることができるようになってからは、自分が人より少しでも得意としていることに努力を集中してやるようになり、少なからず前よりは努力の成果が感じられるようになったと思います。

今年最後の投稿なのに、なんかヘンに熱い感じになってしまいましたが、やっと努力の成果が感じられるようになってきた今年一年だったということで、今年最後の投稿とさせていただきます。

カテゴリー: 目標・夢, 日記 | コメントする

種子島にホントは近い活火山たち

僕が住んでいる種子島。

そのとなりの島が屋久島で、そのすぐ横にある口永良部島が、噴火警戒レベルが4に上がって噴火するかもとのニュースが流れました。

そこで、いい機会なので、種子島の近くにある活火山のことを調べてみたら、以外なことに気がつきました。

種子島で暮らしている僕たちにとって、桜島(さくらじま)を筆頭に活火山はごく身近な存在なので、普段あまり気にしていなかったのですが、種子島の周りには、実はたくさんの活火山があるんですね。鹿児島県内だけで11ヶ所も。

そのなかで種子島の近くで噴煙を常に上げている活火山は、

薩摩硫黄島(さつまいおうじま)
口永良部島(くちのえらぶじま)
桜島・・・(さくらじま)
霧島・・・(きりしま)
諏訪之瀬島(すわのせじま)

の5ヶ所もあります。

そこで、私が住んでいる種子島の市役所の場所から、直線距離をグーグルマップで測ってみたのですが、

薩摩硫黄島・・・約69km
口永良部島・・・約82km
桜島・・・・・・約98km
霧島・・・・・・約131km
諏訪之瀬島・・・約174km

アレ、近い。。。思ってるよりかなり近いではないか!

頭の中では近いところにあるということは解っていたはずなのですが、こうやって数字で距離を見てみると本当に近い場所にあるんですね。

というのも、距離的にはこんなに近いのに、実際は、噴煙や灰が種子島に届くこともないですし、3年前に口永良部島が噴火したときも、爆発音が聞こえたり噴煙が届いたりといったこともなかったので、近いという現実感がないんですよね。

ただ、距離的にこれだけ近いと、大噴火が長期的に起こったときには種子島にも影響が出ることが十分考えられるので、危機対策だけはしておかないとダメですね。

とは言っても、種子島から脱出する以外、具体的な危機対策が思いつかないのも現実です 

ただ、こういう条件の場所にあるのも種子島の魅力のひとつ。

快晴で空気が澄んでいる日には、海の先に、噴煙を上げている薩摩硫黄島が見え、屋久島や口永良部島、馬毛島、開聞岳など、本当に雄大な島々を西の海の先に一同に見ることができるのも、種子島の魅力のひとつです。

こんな景色を、仕事中、海の近くにある畑から見ることができるんですよー!自慢です 笑

ちなみに、種子島は南北に細長い島で、直線距離で南北57kmの長さの島です。

 

カテゴリー: 環境・自然, 日記 | コメントする

耳で読書をする革命

農業をしている私にとって、いかにスキマ時間、ナガラ時間を有効活用するかはとても大切なことです。

きほん、農業は手と足、体全体をつかう作業が多いのですが、孤独に作業をする時間も多いので、作業中は人と会話をするシチュエーションが少ないぶん、耳だけは自由に空いていることが多いのです。

この自由に使える耳を有効活用できないかということで、イヤホンで音楽を聴いたり、たまに英会話を聴いたりしてナガラ作業をしていたのですが、先日、私にとって革命ともいえる耳の活用法が見つかりました。

それは、耳で読書をすることです。

耳で読書をするって、どういうこと?って思った方もいるかもしれません。

私は読書が好きで、ずっと紙の本を読んできたのですが、数年前からはほぼ完全にスマホの電子書籍アプリKindleで電子書籍をダウンロードしてスマホで読んでいます。(Kindle版がないときだけ、しかたなく紙の本を買っています)

そう、このKindle(iOS版)には音声読み上げ機能が付いていて、Kindleの電子書籍の文章を自動で音声で読み上げてくれるんです。

正確に言うと、この音声読み上げ機能はKindleに付いている機能ではなく、iPhoneなどのiOSに搭載されているVoiceOver機能にKindleが対応していることで実現できている機能。

音声読み上げの声を初めて聴いたときには

「うわぁ、聴き取りづらい」

と感じるのですが、ものの5分もかからないうちに、この特有のクセのある読み上げの声にもすぐに慣れてしまいます。

慣れてしまえば、こっちのもの。

今まで、本を読むには読書のためだけの時間をつくる必要があったのが、ナガラ作業で聴いて読書ができるのですから、こんなに有効な時間の活用法はなかなか無いと思います。

特にトラクターで畑を耕しているときや、クルマに乗っている最中も耳で読書ができるのですから、一生で読む本の量も飛躍的に増えるのは本当にありがたいこと。いや、ほんとうに読書好きにといってはこれは革命でしょう。

最先端の技術や道具はつねに積極的に試したり利用することが、じぶんの限られた貴重な時間を有効活用することにつながることに改めて気づかされました。

と、カッコいいことを言っておきながら、やる気が起きないときはダラダラ何もしない時間を平気で過ごしてしまう私なのでした 笑。

ただ、まだまだ使いづらい点などがあるのも事実。次回は使いづらい点や改善希望点などを書いてみたいと思います。

 

カテゴリー: 日記, 本・書評 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

2018年の梅干し作り

2018年の梅干し作りの仕込み始まりました。

昨年は塩の量が18%でかなり酸っぱかったので、今年は15%にして、赤しそを入れずに仕込んでみました。良い梅が手に入ったので今年は期待大!

カテゴリー: 日記 | コメントする

音楽の心の友はSystem Of A Down

 

なんだか最近聞いてる様々なジャンルの音楽に物足りなさを感じたら、必ずSystem Of A Downを聞き返して満足している自分がいる。

たぶん、人によってはSystem Of A Downの音は狂っているように聞こえるかもしれないけど、僕にとってはいつまでも飽きない本当に大好きな音楽の一つです。

今、ユーチューブの再生回数見たら1億3200万回!全世界ではメチャメチャメジャーやんけ。この顔の濃ゆさで。ヤベぇー。

カテゴリー: 日記 | コメントする

キングコング西野さんのAI時代

最近よく読んでいるお笑いのキングコング西野さんブログの以下の言葉が、これからの生き方を的確に表していると思う。今、時代は大きく変動してきていて、この時代を楽しんで生きれる人には最高の時代が到来していると思う。自分も含めて。


ストレスがかかる仕事から順にロボット化されていき、ストレスがかかる仕事がみるみる世の中からなくなっていくではないか。
自動改札機が生まれ、改札口から駅員が姿を消したような変化が、今アチコチで起こっている。
好きでもない仕事は消え、好きなことしか残らなくなってきている。
ここからは、好きなことを仕事化するしか生きていけない時代だ。
彼等は、この変化を捉えていない。
彼等は、この大波の乗り越え方を知らないのだ。
したがって僕らは自分自身の手や足を使い、僕らの身の回りに起こっている変化を、学び、実践し、思い知り、対応していかなければならない。
この変化から目を背けた人間から脱落していく。
既得権益を守り始めた人間から終わりが始まる。
頑張れば報われる時代は終わり、変化をしなければ生き残れない時代に僕らは立ち会っている。


まさしく、その通り。

カテゴリー: 目標・夢, 日記 | コメントする

岡山県、初上陸!

出張で岡山県に初上陸! 以外と都会なのにびっくり。image

カテゴリー: 日記 | コメントする

映画「ちはやふる」を見た

映画「ちはやふる」を家族5人で見た。めっちゃ面白かったけど、長女が大学進学で、もしかしたら家族5人揃って見れた最後の映画になったかもと思うと映画が終わったあとは複雑な心境だった。image

続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

オランダ到着!

オランダに到着!今回もワクワクしてます。

ただ、この時期にオランダ出張で一番残念なのが、種子島の圃場で咲いてきているフリージアの花の写真を撮れないこと。

誰か任せられる写真をちゃんと撮れる人が会社にいればなぁー。

image image

カテゴリー: 日記 | コメントする

「ふぇのたす」が気になる

「ふぇのたす」が気になる。Shiggy Jr.が好きなら気になると思う。

カテゴリー: 植物, 日記 | コメントする