本・書評」カテゴリーアーカイブ

耳で読書をする革命

農業をしている私にとって、いかにスキマ時間、ナガラ時間を有効活用するかはとても大切なことです。

きほん、農業は手と足、体全体をつかう作業が多いのですが、孤独に作業をする時間も多いので、作業中は人と会話をするシチュエーションが少ないぶん、耳だけは自由に空いていることが多いのです。

この自由に使える耳を有効活用できないかということで、イヤホンで音楽を聴いたり、たまに英会話を聴いたりしてナガラ作業をしていたのですが、先日、私にとって革命ともいえる耳の活用法が見つかりました。

それは、耳で読書をすることです。

耳で読書をするって、どういうこと?って思った方もいるかもしれません。

私は読書が好きで、ずっと紙の本を読んできたのですが、数年前からはほぼ完全にスマホの電子書籍アプリKindleで電子書籍をダウンロードしてスマホで読んでいます。(Kindle版がないときだけ、しかたなく紙の本を買っています)

そう、このKindle(iOS版)には音声読み上げ機能が付いていて、Kindleの電子書籍の文章を自動で音声で読み上げてくれるんです。

正確に言うと、この音声読み上げ機能はKindleに付いている機能ではなく、iPhoneなどのiOSに搭載されているVoiceOver機能にKindleが対応していることで実現できている機能。

音声読み上げの声を初めて聴いたときには

「うわぁ、聴き取りづらい」

と感じるのですが、ものの5分もかからないうちに、この特有のクセのある読み上げの声にもすぐに慣れてしまいます。

慣れてしまえば、こっちのもの。

今まで、本を読むには読書のためだけの時間をつくる必要があったのが、ナガラ作業で聴いて読書ができるのですから、こんなに有効な時間の活用法はなかなか無いと思います。

特にトラクターで畑を耕しているときや、クルマに乗っている最中も耳で読書ができるのですから、一生で読む本の量も飛躍的に増えるのは本当にありがたいこと。いや、ほんとうに読書好きにといってはこれは革命でしょう。

最先端の技術や道具はつねに積極的に試したり利用することが、じぶんの限られた貴重な時間を有効活用することにつながることに改めて気づかされました。

と、カッコいいことを言っておきながら、やる気が起きないときはダラダラ何もしない時間を平気で過ごしてしまう私なのでした 笑。

ただ、まだまだ使いづらい点などがあるのも事実。次回は使いづらい点や改善希望点などを書いてみたいと思います。

 

カテゴリー: 日記, 本・書評 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

幻冬舎 見城徹氏の新刊「たった一人の熱狂」のKindle版が欲しい

幻冬舎 見城徹氏の新刊「たった一人の熱狂」を買いたい。でもKindle版は今のところないみたい。今さら、紙の本を買いたくねぇー!

カテゴリー: 本・書評 | コメントする

大山卓也さんの「ナタリーってこうなってたのか」読了。

大山卓也さんの「ナタリーってこうなってたのか」読了。津田大介さんの運営サイト「音楽配信メモ」でこの本の補足内容が見れて更に楽しかった!
http://xtc.bz/

IMG_9069.JPG

カテゴリー: 本・書評 | コメントする

最近の本の買い方と読み方

1〜2年前までは、やっぱり紙の本がいいかなと思っていたのが、最近はアマゾンのKindle(キンドル)のiPhoneアプリ版で電子書籍をダウンロードして読むことが多くなってきている。

最近、結構、Kindle版も出す書籍が増えてきたこともあって、特に2〜3年前に出版された比較的新しい本は、アマゾンの中古本で探して買ったほうが安く買えるので紙の中古本を買ってるけど、1年以内に出版された本は、中古本の価格とKindle版の価格が大差ないことが多いので、最近は迷わずKindle版でダウンロードして読むことが多い。

電子書籍の利点は、いつでもどこでも短時間でもすぐに読める利点が大きいですね。例えば、出張の移動中や待ち時間などのホントにちょっとの暇ができる時間にさっと読める利点は大きいッス。

Yahoo!ニュースに載っていた記事によると、

アメリカ出版社協会によれば、米国内における2012年度の電子書籍の売り上げは、書籍全体の22.55%。全米で売れた書籍数の約4分の1を占めたという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130530-01049584-trendy-sci

日本も遅れながらも、アメリカと同じ状況になる日は確実に近いですね。
一度、便利だと解ると、アッという間に普及しますからね。

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

須藤元気さんの『やりたい事をすべてやる方法』を読了

前から存在が気になっていた、元総合格闘家 須藤元気さんの『やりたい事をすべてやる方法』を読了。

オレは格闘技にはあんまり興味は無いけど、格闘家のイメージが強かった須藤元気さんが、なぜ、現在はあの今までにない面白いダンスをやって注目されているのか、格闘家とダンスという普通で考えればあまり接点のない分野で共に有名になっているということで、前から須藤さんにスゴく興味があったので、本が出たので早速読んでみた。

いろいろと為になることが書いてあったが、中でも次の言葉がとても勉強になり心に残った。

”僕らの人生の最高の贈り物というのは、「人生には意味がない」ということだ。

どんな物事も中立であって、自分が意味づけることでそこに意味が生まれてくる。前もって意味づけられたことというのは、この世にはないのだ。すべてのことは、自分が捉え方を変えて意味をつけた方がいい。どんなことに対しても、「これは自分にとって良いことだ」という風に意味づけることによって、その物事は良いことになる。
極端なことを言えば、この世に良いも悪いもない。
人それぞれが、つまり自分自身が良い悪いを作っているのだ。人が見ている世界はそれぞれ違う。
だから何事にも常に「この現象は自分にとって良いことだ」と解釈することが生きるうえでの王道なのだと思う。”

それと、須藤元気さんは毎日30分ぐらい瞑想をしているらしい。オレが一番敬愛するあのスティーブ・ジョブズも瞑想をしていたことで有名だから、オレもちょっと瞑想を試してみようかと思っている。今回も良い本に出会った。彼はまだ35歳。スゲーぜ、須藤元気。

20130518-223242.jpg

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

孫正義 「規格外」の仕事術を読了

『孫正義 「規格外」の仕事術』を読了。オレが一番敬愛するソフトバンク社長の孫正義さんのことを、ソフトバンクの元社長室長が書いた本。

孫正義さんのことを書いた他の本には載っていない、元側近しか知らないエピソードや孫さんの凄さが書かれていて勉強になった。

20130513-222633.jpg

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

『自分を愛する力』を読了

五体不満足の乙武洋匡さんの『自分を愛する力』を読了。乙武さんは周囲の方にも恵まれているとのことですが、やはり、乙武さんは強くてやさしい。自分の悩みなんてホントにちっぽけなコトだなと本当に思う。

kindle版(電子書籍)で読んだ。

20130511-192713.jpg

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

『本当に「英語を話したい」キミへ』を読了

プロサッカー選手でゴールキーパーの川島 永嗣選手の『本当に「英語を話したい」キミへ』を読了。

英語の効率的な勉強の仕方の本というよりは、川島選手がどうやって英語をしゃべることができるようになったのかが書かれている。努力ももちろん必要だが一番大事なことは”続けること”で、川島選手もオレと同じように、いろいろな英語の勉強方法を書籍やネットで見つけて試しては失敗しながらも、その中から自分に合う勉強法を見つけて、諦めずに”続けたこと”が今に繋がっているとのことだった。

川島選手は、オレがサッカー選手の中で一番好きな選手で、今の日本人にあまり無いあの熱さが好きだったので、とても興味を持ってワクワクしながら読んだのだけど、あんなスゴイ人でも本当に悩みながら試行錯誤を繰り返して、今の英語の実力に達していることを知って、本当に勇気を貰える本だった。

とは言っても川島選手は現在30歳で、日本語を含む英語やオランダ語やフランス語など7ヶ国語もしゃべれるようなので、やはり彼はバケモノだ。

kindle版(電子書籍)で読んだ。20130511-185951.jpg

カテゴリー: 日記, 本・書評 | コメントする

「刑務所なう。シーズン2」を読了

堀江貴文氏(ホリエモン)の「刑務所なう。シーズン2」を読了。
この人ほど好き嫌いがわかれる人もいないと思うし賛否両論あると思うけど、やっぱりこの方は面白いし、今後も動向に目が離せない。刑務所に一年半ほど入ったことで、成長してさらに人間的に魅力的になったのではないかと思う。オレと同い年ということも応援したくなる部分。

20130422-151915.jpg

カテゴリー: 本・書評 | コメントする

「伝え方が9割」を読了

「伝え方が9割」を読了。人気の本だけあって、かなり参考になった。言葉の選び方でこんなにも伝わり方が違うのかと言葉の選び方の重要性を再認識させられた。kindle版で読んだ。

20130421-215914.jpg

カテゴリー: 本・書評 | コメントする
123